EURO2016まるわかり⚽出場国や日程・結果まとめ

EURO(ユーロ)2016の出場国・メンバー・フォーメーション紹介や、日程・試合結果など

EURO2016ポーランド代表のスタメン・フォーメーションや予選成績 初の決勝トーナメント進出へ

f:id:fluuche:20160205172442p:plain

EUROには、3大会連続の出場となるポーランド

過去2大会はグループリーグ敗退と成績は振るわなかったものの、今大会は予選で33点の最多得点を奪うなど、特に攻撃面でのレベルがかなり高くなっています。

エースのレバンドフスキが年齢的にもピークといえそうな今大会で、決勝トーナメント進出という結果を狙いたいところだと思います。

EURO2016に出場するポーランド代表についてまとめてみました。

EURO2016予選成績

ポーランド代表は、予選グループDをドイツに次ぐ2位で通過
ドイツからも勝利を奪い、また唯一の敗戦がドイツという、僅差の2位突破という感じでした。

レバンドフスキが予選得点王となる1人で13点を取ったとはいえ、チームとしても攻撃力はかなり高いと思います。

 

本大会のグループリーグは、
グループCで、
ドイツ、ウクライナ、ポーランド、北アイルランドの4カ国。

予選同様、またドイツと同組に。ただ、アイルランドと北アイルランドよりはポーランドのほうが力では上回っていると思います。
決勝トーナメント進出の可能性は高いんじゃないでしょうか。

*本大会のグループリーグ組み合わせ一覧はこちら↓

euro2016.hateblo.jp


スポンサーリンク
?

ポーランド代表出場メンバー

EURO2016出場メンバーが正式に発表され次第、また追記していきます。

チーム全体のレベルも上がっているとはいえ、やはりレバンドフスキがいることが最大の強みだと思うので、レバンドフスキが良いコンディションで大会に入れることは重要だと思います。

バイエルンがチャンピオンズリーグで決勝までいくかどうかも多少影響してくるかもしれませんね。

≪追記≫

以下、出場メンバー23名が発表されました。レバンドフスキやクリホビアクなど、順当なメンバーという感じです。

【GK】

1 ヴォイチェフ・シュチェスニー(ローマ=イタリア)
12 アルトゥル・ボルツ(ボーンマス=イングランド)
22 ウカシュ・ファビアンスキ(スウォンジー=イングランド)
 
【DF】

2 ミハウ・パズダン(レギア・ワルシャワ)
3 アルトゥール・イェンジェイチク(レギア・ワルシャワ)
4 チアゴ・チョネク(パレルモ=イタリア)
14 ヤクブ・ヴァブジニャク(レヒア・グダニスク)
15 カミル・グリク(トリノ=イタリア)
18 バルトシュ・サラモン(カリアリ=イタリア2部)
20 ウカシュ・ピシュチェク(ドルトムント=ドイツ)
 
【MF】

5 クジシュトフ・マチンスキ(ヴィスワ・クラクフ)
6 トマシュ・ヨドウォビエツ(レギア・ワルシャワ)
8 カロル・リネッティ(レフ・ポズナン)
10 グジェゴシュ・クリホビアク(セビージャ=スペイン)
11 カミル・グロシツキ(レンヌ=フランス)
16 ヤクブ・ブワシュチコフスキ(フィオレンティーナ=イタリア)
17 スワボミール・ペシュコ(レヒア・グダニスク)
19 ピオトル・ジエリンスキ(エンポリ=イタリア)
21 バルトシュ・カプストカ(クラコヴィア)
23 フィリップ・スタジニスキ(ザグウェンビエ・ルビン)
 
【FW】

7 アルカディウシュ・ミリク(アヤックス=オランダ)
9 ロベルト・レバンドフスキ(バイエルン=ドイツ)
13 マリウシュ・ステピニスキ(ルフ・コルゾフ)

スタメン・フォーメーション予想

予選の戦い方を見ていると、
以下のようなメンバー・フォーメーションになるんじゃないかと思います。

 

    ミリク  レバンドフスキ

グロシツキ        ブラシュチコフスキ

   クリホビアク  マチンスキ

リブス グリク シュカラ ピシュチェク

      ファビアンスキ

 

レバンドフスキはもちろん、ブラシュチコフスキ、ピシュチェクもドルトムントの試合を観ている人であればよく知っている選手だと思います。
あとは、セビージャのクリホビアクもわりと有名な選手ですよね。

他には、攻撃陣では、ミリク(アヤックス)、グロシツキ(レンヌ)らも予選で活躍した選手。

 

ただ、前線は良い選手が目立つ一方で、守備陣は少し隙が多い感じも。

予選でも10失点とちょっと多めなので、もちろんディフェンスラインだけではないですが、チームとして守備は課題になるかもしれません。


スポンサーリンク
?

ポーランド代表の注目選手

やはりなんといってもレバンドフスキでしょう。

中堅国相手であれば、他の選手も通用すると思いますが、強豪を相手に対等以上に勝負できるのはやっぱりレバンドフスキになると思います。

あとは、守備を中盤から引き締めるというところで、ボランチのクリホビアクもキープレイヤーになるかもしれません。

参考)クリホビアクの身長・国籍やプレースタイル!移籍先はアーセナル?

 

以上、EURO2016出場のポーランド代表についてでした。
個人的には、本大会でけっこう良い勝負ができる国なんじゃないかと思っています。


スポンサーリンク
?