EURO2016まるわかり⚽出場国や日程・結果まとめ

EURO(ユーロ)2016の出場国・メンバー・フォーメーション紹介や、日程・試合結果など

EURO2016イングランド代表のスタメン・フォーメーションや予選成績 ヴァーディはスタメン?

f:id:fluuche:20160205171823j:plain

ここ最近、国際大会ではずっと成績がいまいちなイングランド代表。

自国プレミアリーグでも、ビッグクラブではほとんどイングランド国籍の選手がいなかったり、ベッカム、ランパード、ジェラードなどがいた昔に比べると、選手の質が落ちているといわれてきました。

ただ、ここへきて、ケインやヴァーディ、デレアリ、バークリー、ストーンズなど、若手を中心に、リーグでも目立つ活躍をする選手が増えてきていて、代表も今年に入ったあたりから成績も内容も良くなってきている印象。

今大会ですぐに結果が出るかはあれですが、数年後はかなり楽しみなチームになりそうです。

EURO2016でのイングランド代表についてまとめてみました。

EURO2016予選成績

イングランド代表は、予選グループEを1位で通過。
しかも、10勝0分0敗、31得点3失点と、ほぼ完ぺきといっていい成績。
とはいえ、W杯でもだいたい予選成績はかなり良いのがイングランドなんですよね。

本大会のグループリーグは、
グループBで、
イングランド、ロシア、ウェールズ、スロバキアの4カ国。

組合せには恵まれたといってもいいと思いますし、
決勝トーナメント進出は固いんじゃないでしょうか。

特に、プレミアリーグでも活躍する(活躍した)、ラムジーとベイルのいるウェールズとの対決は面白い試合になりそうです。

*本大会のグループリーグ組み合わせ一覧はこちら↓

euro2016.hateblo.jp

イングランド代表出場メンバー

EURO2016出場メンバーが正式に発表され次第、また追記していきます。

FW陣は意外と層が厚いので、最近ユナイテッドで活躍している18歳ラッシュフォードもメンバーに入れるかどうか、気になるところですね。

参考)ユナイテッドの18歳FW!ラッシュフォードのプレースタイルや経歴・身長は?

≪追記≫

以下、出場メンバー23名が発表されました。18歳のラッシュフォードも最終メンバーに入りましたね。デビューからわずかでここまでいくのは凄いことだと思います。もしかしたら本大会でもラッキーボーイになるかも?

▽GK

1 ジョー・ハート(マンチェスター・シティ)
13 フレイザー・フォースター(サウサンプトン)
23 トム・ヒートン(バーンリー)

 

▽DF

2 カイル・ウォーカー(トッテナム)
3 ダニー・ローズ(トッテナム)
5 ガリー・ケイヒル(チェルシー)
6 クリス・スモーリング(マンチェスター・ユナイテッド)
12 ナサニエル・クライン(リバプール)
16 ジョン・ストーンズ(エバートン)
21 ライアン・バートランド(サウサンプトン)

 

▽MF

4 ジェームズ・ミルナー(リバプール)
7 ラヒーム・スターリング(マンチェスター・シティ)
8 アダム・ララーナ(リバプール)
14 ジョーダン・ヘンダーソン(リバプール)
17 エリック・ダイアー(トッテナム)
18 ジャック・ウィルシャー(アーセナル)
19 ロス・バークリー(エバートン)
20 デレ・アリ(トッテナム)

 

▽FW

9 ハリー・ケイン(トッテナム)
10 ウェイン・ルーニー(マンチェスター・ユナイテッド)
11 ジェイミー・ヴァーディー(レスター)
15 ダニエル・スターリッジ(リバプール)
22 マーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・ユナイテッド)

 

スポンサーリンク
?

スタメン・フォーメーション予想

ここ最近の選手の調子などを見ていると、
以下のようなメンバー・フォーメーションになるんじゃないかと思います。

   バーディー   ケイン

       ルーニー

 ウィルシャー     デレアリ

       ダイア―

ローズ ストーンズ スモーリング クライン

       ハート

 

一気に前線の層が厚くなったことで、2トップ+トップ下のシステムになるんじゃないかと。

中盤は、絶対的なレギュラーというのは少ないと思うので難しいところですが、
ミルナー、ヘンダーソン、ララナ、などなど、試合によってやそのときのコンディションによって、スタメンはけっこう変わってくるんじゃないかと思います。

スポンサーリンク
?

イングランド代表の注目選手

上のフォーメーション予想ではスタメンにはしていないものの、やっぱりいまはヴァーディが絶好調すぎるので、スーパーサブとして、またはルーニーからポジションを奪ってスタメンで出る可能性もあると思います。

あとは、中盤のデレアリはまだ10代ながら、かなり完成度の高い選手ですし、個人的にはぜひスタメンで使い続けてほしい選手です。

ディフェンスでは、今季ユナイテッドでかなり安定したプレーを見せているスモーリングが注目だと思います。

今大会どこまで勝負できるチームになるかはあれですが、若手の良い選手が増えているので、2018W杯あたりにはかなり強いチームになっているかもしれませんね。

 

以上、EURO2016出場のイングランド代表についてでした。

スポンサーリンク
?